リビドーロゼの成分

リビドーロゼの成分表は以下の通りです。

 

エタノール、DPG、香料(オスモフェリン)イランイラン花油キイチゴ果汁、BG、クランベリー果汁、マルトデキストリン、リン酸3Ca、ブドウ葉エキス、水

 

 

このうち一番焦点を当てたい成分はやっぱりオスモフェリンです!

 

オスモフェリンは女性が放つフェロモンととってもよく似た作用があると言われているそうです(笑)

 

このオスモフェリンの匂いを嗅いだ男の人達は男性ホルモンであるテストステロンの数値が約2.5になるデータが出たらしいです!

 

 

オスモフェリンは多くの国で有名な成分みたいです。

 余りの人気っぷりにオスモフェリン入りの香水を認めていない高校もあるようです(笑)

 

そのほかの成分は??

イランイランの木の花から取り出したオイルがイランイラン花油。

イランイランの匂いは南の国をイメージさせるゴージャスな香りが強みらしいです!

 

いい香りがするからアロマテラピーにも使用されるらしい!

 

またイランイランは催淫作用もあるとされていて、男の人が1番女らしさを感じる匂いとも公言されているらしい!

 

ネーミングもなんだかエッチだよね(笑)

 

 

 

リビドーロゼの香りを嗅いだ人のクチコミではラズベリーの匂いの印象が大きいそうです!

 

よく「リビドーロゼの匂いはベリーの香りが~」って書きこみを見るよ!

 

ラズベリーはお肌をきめ細かくしたり、キレイにする効果が見られるそうです!

 

リビドーロゼでは肌への効き目よりも女らしい香りの強調として含まれている気がします!

 

 

クランベリーにはビタミンCやポリフェノールが多く使われているらしい!

 

肌にかけることでキイチゴ果汁(ラズベリー)と同じ様に肌をきめ細かくしたり、綺麗にする効果が見られるらしいです!

 

リビドーロゼの成分まとめ!!

香水なので微量のアルコールが入っていています。

アレルギーをもつ人は肌の不調を訴えるのでは?とも思ったけど・・・。

 

42万個以上販売しているのに副作用報道は皆無。

 

どんな人でも安心して使える香水と言っていいと思います。